卓越大学院科学研究費制度

 大学院学生の自由、創造的、あるいは野心的な発想に基づく研究計画に対して研究費を支給して、その実現の支援を目的とするものです。大学院学生自身が、研究計画調書の作成、計画に則った研究の実施、及び報告書の作成の一連の流れを経験することは、将来、競争的研究資金を獲得するための研究計画立案および研究計画調書作成の格好のトレーニングとなります。また、研究費の必要性及び競争的資金の意義について理解を深めるとともに、公的資金を使うものとしての責務の啓発を図ることも目的の一つです。単独型と共同提案型を設け、学生の共同研究を推奨します。

2019年度 卓越大学院科学研究費受給者

 

  所属学院 学年 氏 名 課題名 R1年度交付予定額(千円) R2年度交付予定額(千円)
1 獣医 D1 河野 光平 乳牛の暑熱ストレスによる子宮機能異常を介した受胎性低下の機序解明 200 200
2 獣医 D1 OO Thandar
(ウー サンダー)
A Study on Associated Mechanisms Between Canine Hyperadrenocorticism and Hepatocellular Carcinoma by Measuring Adrenal steroid Hormone and Other Laboratory Parameters 200 200
3 獣医 D1 菅原 芽伊 犬種特異的な非再生性貧血における病態解明 200 200
4 獣医 D1 CHULUUNBAATAR Tsolmon
(チュルンバートル ソロモン)
Study of novel phenotypes in the alimentary tracts of cotton rats 200 200
5 獣医 D1 難波 貴志 IL-36 の分子病態から考察する 腎-骨連関 :汎動物学的な臨床応用を目指して 200 0
6 獣医 D1 PAUDEL Prasad Rajan
(パウデル プラサド ラジャン)
Genetics, Ecology and threats to Sloth bear (Melursus ursinus) conservation in Nepal 200 200
7 獣医 D1 古川 瑛理 乳牛における分娩後の泌乳時期が卵子 の脂質組成 に及ぼす影響 200 200
8 獣医 D1 本平 航大 発展途上国における環境汚染物質のモニタリングと問題解決に向けて 200 0
9 獣医 D2 TEOH Yong Bin
(テオ ヤン ビン)
Molecular Pathogenesis of Inflammatory Colorectal Polyp in Miniature Dachshund: An RNA-Sequencing Approach 200 200
10 国際感染症 D1 板倉 友香里 ウイルスと宿主細胞内輸送因子の相互作用解析から解明する狂犬病ウイルス感染メカニズム 200 200
11 国際感染症 D1 岸本 麻衣 プロテアーゼ恒常発現系を利用した高効率ウイルス分離法による新規ウイルスの分離 200 200
12 国際感染症 D1 田畑 耕史郎 抗フラビウイルス抗体の結合プロファイルを用いた血清学的検査法の確立 200 0
13 国際感染症 D1 CHIZIMU Joseph Yamweka
(チジム ジョセフ ヤムウェカ)
Molecular epidemiological analysis of multi-drug resistant tuberculosis in Zambia 200 200
14 国際感染症 D1 服部 貴成 T cell immunoglobulin mucin 1 遺伝子多様性とウイルス感染性の網羅的解析 200 200
15 国際感染症 D1 RETENG Patrick
(レテン パトリック)
MinION Nanopore Sequencing-based Approach for Pan-flavivirus Detection 200 200
16 国際感染症 D2 ZORIGT Tuvshinzaya
(ゾリグド トゥブシンザヤー)
Development of serological test for Bacillus species 200 200
17 国際感染症 D2 MUTHUSINGHE Bungiriye Devinda Shameera
(ムスシンゲ バンギリイェ デヴィンダ シャメーラ)
Molecular identification of hantavirus species among humans in endemic areas of chronic kidney disease of unknown etiology in Sri Lanka 200 200
18 国際感染症 D2 SHAWA Misheck(シャワ ミシェック) Genetic analysis of Extended Spectrum b-Lactamase producing bacteria in humans, poultry and the environment in Zambia 200 200
19 国際感染症 D2 木髙 大志 トキソプラズマ原虫のステージ特異的発現遺伝子群の網羅的解析と制御因子解明 200 200

 

 


→ 学生支援制度のページへ
  


(参考) 北海道大学 博士課程教育リーディングプログラム「One Healthに貢献する獣医科学グローバルリーダー育成プログラム」の大学院学生科学研究費制度