• Home
  • プログラム

 One Healthフロンティア卓越大学院プログラムは、総合大学の利点を活かし、獣医学、感染症学、医歯薬学、保健科学、環境科学などが協働し、さらに国際行政・協力機関、連携他大学および民間企業との連携体制を整えた教育プログラムです。

 

プログラムの特徴

 

 世界的な先進研究拠点へ

 人獣共通感染症・動物感染症、ならびに化学物質による健康・社会経済的被害、という感染症病原体(バイオハザード)と化学物質(ケミカルハザード)の2大ハザードに起因する問題について、基礎研究からグローバルな実践活動までを包括的に実施する世界的な先進研究拠点を目指します。


多様な人材が集う

 One Health に関与する学際的かつ実践的な教育研究をグローバルに推進します。この一翼を担う組織として、多様な人材が、組織・研究室・部門の壁を越えてOne Health を共通目標に集い教育研究を進めるプラットフォームである動物疾病診断制御研究センターを設置します。 

 

“プラスα”の力を付与する

 One Health の特徴的な取り組みを、学院間・大学間共通特別教育プログラム“One Health Ally Course” として、文理を問わず学内の大学院生、および連携大学の大学院生に開講します。主専攻に加え副専攻を履修することで、大学院生に“プラスα”の力を付与して修了生の価値を高める「北大版メジャーマイナー制度」です。