コース概要

 学位取得を目的とした大学院カリキュラムとOne Health に係る問題解決策をデザインして実行できる専門家(知と技のプロフェッショナル)養成のためのプログラムが、4つのモジュールにより構成されます。

 

 

1.大学院カリキュラム

 学位取得のための二つのモジュールからなるカリキュラムです。

  • 付与する学位は、博士(感染症学)と博士(獣医学)
  • 取得希望の学位により異なる科目を選択
  • 加えて、指定する大学院科目の履修を経て認定試験に合格した場合、人獣共通感染症対策専門家、ケミカルハザード対策専門家、統合臨床専門家、獣医科学/汎動物学研究者として認定します。

 

1-1)スクーリングモジュール

 One Healthに必要な領域横断的な視点と学際的かつ専門的な学術基盤を形成するためのモジュールです。

 

1年次:学際フレームI

    • アカデミックイングリッシュ(必修):獣医学研究院所属のネイティブスピーカーの特任講師による英語トレーニング。学生の能力とニーズに応じて様々なクラスを開講。個別にオーダーメイド式のフォローアップも実施します。
    • 研究倫理演習(必修):研究者・社会人として研究倫理に対する理解を深めます。
    • 獣医科学・感染症学基礎科目群(選択): One Healthセミナーをはじめとする学際的な学術基盤形成を目的とする科目群です。

 

2年次:専門フレームI、専門フレームII

 取得を目指す学位により、感染症、ケミカルハザード、汎動物学、獣医科学/臨床分野など、 One Healthに関わる重要領域の専門性を高めるための科目群(選択必修)です。

 

3−4年次:インターンシップ

 総合的なトレーニングを目的とした海外インターンシップ(必修)。就労体験に留まらず、社会が必要とする専門性を再認識することにより俯瞰力の養成、修学意欲の向上が期待されます。

 

1-2) リサーチモジュール

 学位論文作成のための試験研究を通じて生涯にわたる専門性の基盤を構築するためのモジュールです。学位の質と審査の透明性を保証するために、口頭試問を強化した学位論文提出資格審査を3回のQuality Examination (QE)として実施します。

 

2. One Healthモジュール

 One Healthの理解、バランスの良い国際感覚、コラボレーション能力の養成を目的としたモジュールです。

 

  • OH transferable skill training

 One Healthに関わる広範な課題について、グループディスカッション形式で問題解決策を提案するワークショップ。チームワーク力、説明能力、限られた時間内で意思決定する能力など協働する力の養成を目的としています。

  • OH collaborative training

 動物疾病診断研究センターのユニットが産学官協働チームを組み、学生に国際機関活動支援、技術協力及び開発研究を実施する際のニーズアセスメント、汎動物学を推進する医学・獣医学連携活動、レギュラトリー研究の実践などを経験できるコースを提供します。あるいは同センターが実施する共同研究プロジェクトへの参画を通じて協働する力を磨きます。

  • OH on site training

 JICAの途上国支援、海外のフィールドでの疫学調査、あるいは共同研究の現場などの実践的海外活動を体験する。現場での体験を通じて、コミュニケーション能力の向上、視野の拡大、就学意欲の向上などが期待されます。

 

3. インデペンデンスモジュール(学生主体プログラム)

 責任感、企画運営力、領域横断的研究の推進力を養成するためのモジュールです。

 

  • Progress: 学生が自由に自身の研究を討論するセミナー
  • Leading Seminar: 学生が講師選定から講演会開催までの全てを担当するセミナー
  • SaSSOH: 学生と若手教員が共同で企画開催する領域横断的国際シンポジウム

 

SaSSOH  Sapporo Summer Symposium for One Health

 学生の主体性、コミュニケーション能力、企画力などの養成を目的として、学生と若手教員によって企画・実行される国際シンポジウムです。One Health分野の第一人者を海外から招聘して世界最先端の知見に触れるとともに、グローバルネットワークの構築とグローバルな舞台で活躍するためのトレーニングの場として活用します。2013年から年1回開催し、第4回からはActive Discussion SessionとStudent Sessionを設けて、企画運営力を学ぶためのワークショップを行っています。”颯爽”と人獣共通感染症、ケミカルハザードの現場でリーダーシップを発揮できる人材を育成することを目指しています。