第24回 One Health Relay Report(北海道大学病院 石黒 信久 准教授)

2021/09/24


第24回目は石黒先生による「感染対策について」のお話です。

  

 石黒 信久 部長・准教授

 北海道大学病院

 感染制御部

 

  【研究テーマ】

  ・水回りを介した耐性菌の伝播対策

 

 

 

 

「感染対策:古典的な手法と新たなチャレンジ」

 

 医療機関における感染制御部は医師、歯科医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職からなり、感染症の診療支援と感染制御を通して、病院の高度先進医療を支えています。

 感染制御には手指衛生、消毒、滅菌、洗浄、個人防護具、予防接種、サーベイランス、隔離と検疫、アウトブレイクの介入、教育等の様々な手法が用いられてきました。これらの様々な経験が、新型コロナウイルス感染症の感染対策に大きく役だっています。

 研究面では、環境を介した病原体の伝播経路を遮断することで、院内感染を減らすことに興味を持っています。最近では、水回りの環境を介したグラム陰性耐性菌の伝播に着目して、新たなコンセプトに基づいた感染対策の開発に注力しています。

 

ICT活動の様子


 → 活動報告のページへ戻る


 → 過去の報告はこちら (北海道大学 博士課程教育リーディングプログラム「One Healthに貢献する獣医科学グローバルリーダー育成プログラム」)